★こだまプロフィール★


想像(創造)と癒しの光の絵を制作。

(みずえと名づけ、現在はチャネルアート「ひびき」)

自然の中で、リラックして楽しむ「こだまな くらし」をする


★「こだまな くらし」とは★

 

こだまは、「やっほー」と呼べば

自分の声で「やっほー」と返ってきます。

 

自分の「いま・ここ」の想い・表現・発信・呼びかけは、

「こだま」のように 自分の未来として創造され、

実現されてゆくものです。

 

純粋なままの内なる自分を信じ、

日々を明るく楽しく暮らすことを選びながら、

こだまが返ってくるように明るく楽しい未来を

受け取ってゆくくらしを「こだまな くらし」と名づけました。


★これまでの経験★

 

東京品川区で育ちました。

小さい頃から絵を描くのが好きで、

いつも道路でお絵描きをしていました。

 

絵を描く喜びを生涯持ち続けたいと、

専門学校で絵とグラフィックデザインや設計コーディネイトを学び、

デザイン会社勤務、フリーランスで布絵制作・人形制作・

水彩・色鉛筆画・建築室内パース・ディスプレイ

などの仕事をしました。

 

布絵や人形は布の持つ質感で暖かさをテーマとした表現を目指し

電通などを通して、保険会社・金融機関などの

パンフレット制作などに使われました。

1994年に都会を離れ、

自分の内なる喜び・子供心・本当にしたいことを見つけようと、

自然の中で自分探しの田舎暮らし(自分暮らし)を始めました。

 

自分暮らしをするうちに、自然や人が持つ輝きに気付き 

その輝きを描き出す絵を描きたいと思いました。

 

また自身がたどってきた、心の旅を通して

内なる想像力が全ての実現の源であることに気付き、

全ての人々の想像力に働きかけ

癒しを感じる表現を目指そうと思いました。

 

試行錯誤ののち、輝きはその透明感が大きな要素と思われ、

透明感の表現媒体として、透明水彩や色鉛筆・

アクリル絵の具・日本画絵の具・パステル等を使い、

パソコンも画材の一つとして組み込み

想像力に働きかける表現の発見を目指し、

あえて言い尽くさない技法を積み重ねてきました。

 

それらを総合して、今までにない輝きの新表現として

「みずえ」と名付け(現在はチャネルアート・ひびき)

人物・静物・植物・風景の内にある

全ての「ひかり」を描き続けました。



やがて、表現は人物・静物・植物・風景などの形あるものを超え、

「ひかり」そのものだけを描くことを目指し、

その光をとおして、全ての「内なる本質」・・・「 源の輝き」を

表現することをテーマに創作をしています。


★自分について★

 

精神年齢は、実は4歳児のままです。

すべてのクリエイティブ(創作)に興味があります。

そういう意味では、料理・手芸品・人形・オブジェ等

創作全般で表現してきました。

 

他に好きなことは、温泉・花など、

運動系は小さい頃から苦手ですが、

田舎暮らしは、雪かきなどの体力仕事もあるため、

以前より体力がつきました。

 

健康で好きなことをやっていられるように、

体調管理は自分流にやっています。

精神も体も、すべてに於いて、

常に居心地のいい場所にいられるようにしていたい

・・・それにはどうしたらいいのかと探し続けていました。

 

自分の内なる指針からやってきた、その答となるものを、

チャネリングメッセージ「こだまなくらし」として

2011年から公開する流れとなり、

約5年間はメッセージを書くこと中心となりました。

 

これについては、ブログ「こだまなくらし」の

無限からの全託創造1〜

に書き進めているところです。

 

メッセージの大方が整ってきた2016年夏の頃に、

粘土人形に導かれ、こだまなくらしのスピリットたちを

立体で表現してみようと思い立ち、

いま現在、それらを創作しているところです。

2016.9.

 

 

サイトマップ

HOME

inserted by FC2 system